So-net無料ブログ作成

一般的家庭教師とトライの講師採用基準の比較

「家庭教師のトライ」で先生を採用する基準は、他の家庭教師会派遣会社と比較したときに、どのような違いがあるのでしょうか。あるいは、家庭教師派遣会社は、どこも似たような採用基準を持っているものなのでしょうか?
 
一般的には、家庭教師派遣会社が家庭教師の先生を採用するときに、まずその先生の基礎的な学力をテストするものです。また、その先生がどこの大学出身者か、あるいはどこの大学に所属しているか、場合によっては学部までも調べることが多いでしょう。「あの有名大学出身の先生です!」という売り込み方が可能となりますし、志望校として挙げる生徒さんの多い大学出身の先生であれば、受験のテクニックのほか、在学中のエピソードなども、生徒さんのために伝えることが可能となります。そうした、人気が出ると予想される先生を多く抱えていたほうが、会社としても嬉しいものだと思われます。
 
しかしながら、「家庭教師のトライ」が先生を採用するときに用いる基準は、学力や学歴だけにはとどまりません。社員の方との面接を行い、先生の人間性や責任感、思考力など、様々な角度から「家庭教師のトライ」の先生として相応しいかどうかを判断されます。確かに、いくら学力が高くても、そしていくら有名な一流大学に通っていても、コミュニケーション力が足りなかったり、すぐに授業を投げ出してしまったりするような態度の方には、先生としての仕事は期待できません。また、先生としての適性をはかるのは、社員の方による面接のほか、適性検査と呼ばれる筆記試験も存在するようです。
 このようにして選ばれた家庭教師の先生の中から、さらに合格実績や指導年数に優れた方たちは、「家庭教師のトライ」が認定する「プロ家庭教師」として、日々活躍されているようです。こうした家庭教師の先生方は、これまで「家庭教師のトライ」が全国で指導してきた、およそ100万人もの生徒さんの指導データをもとに、あらゆる地域や学校に対応する指導データを、トライの「教育情報センター」から提供されることで、常に新しい学習要領に対応することが可能となり、また生徒さんからの要望にも応えることが可能となっているのです。
 
また、「家庭教師のトライ」では、得意科目や出身校などのデータ、あるいは先生の性格などによって、それぞれの先生たちが最も力を発揮できる生徒さんのもとへ派遣されるシステムを採用しています。言いかえれば、生徒さんの個性や性格、志望校合格などの目標に沿って、最も適した先生が、生徒さんのために選ばれるということです。家庭教師の先生にとっては、「家庭教師のトライ」で採用されることがゴールではなく、まさに家庭教師としてのスタートといったことになるでしょう。


nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。