So-net無料ブログ作成
検索選択

家庭教師を納得の金額で選ぶ(トライの評判)

家庭教師を選ぶ際に、やはり最も気になるのはそのお値段。家庭教師派遣会社によってその値段は様々で、どの業者を選べばいいか迷ってしまうことも多々あります。そこで今日は設定された料金にきちんと納得して家庭教師を選ぶ方法をお教えしたいと思います。

① まずは家庭教師で子供に「達成させたいこと」を書き出してみよう

子供に家庭教師をつける理由は様々です。まずは勉強を好きになることから始めてほしいという方もいれば、定期テストの成績を上げてほしいという方もいらっしゃるでしょう。あるいは、超難関大学にも受かるだけの学力をつけさせてほしいという方もいらっしゃるでしょう。

こうした親と子の要望を書き出す子作業は、実はとっても重要です。なんとなく家庭教師をつけても、子供の成績アップは望めません。親と子供の要望をきちんと考えて、明確な目標を持たなければ、子供のやる気も長続きしないですし、親も無駄なことにお金を使っている気分になります。

② 目標を客観視してみよう

目標を一通り書き出したら、その目標を達成することが、どの程度難しいのか、客観的に考えてみましょう。たとえば「定期テストでいい点が取れるようになってほしい」という要望と、「東京大学理Ⅲに合格できるだけの力をつけてほしい」という要望では、明らかに後者の方がハードルが高いです。

一般的には、高い要望をかなえてくれる家庭教師は、お値段も高めです。たとえば、プロ家庭教師の名門会は、数ある家庭教師派遣会社の中でも特にクオリティが高いといわれています。難関大学・医学部への進学実績もたくさんあり、純粋な実力という点においては業界最強クラスでしょう。

しかしその分費用がかさむのもまた事実です。こうしたプロ家庭教師は、「東大合格」をはじめとする高い目標を持つ人向けです。目標が高ければ、多少料金が高くても納得いきます。逆に、「勉強が好きになってほしい」くらいの目標で、いきなりこのような質の高い家庭教師に通わせるのは、コストパフォーマンスの面から見ると賢明な判断とは言えません。

そうした子供には逆に、割安を売りにしている家庭教師派遣会社を選ぶといいでしょう。トライなどの派遣会社は、学生講師が中心なのでクオリティもそれなりですが、その分値段も安くお得感があります。よりハイレベルな授業を求める子供には若干物足りない面もありますが、勉強が苦手な子供にはこのくらいのレベルが無理なく始められるところだと思います。

高くてハイクオリティなところを選ぶか、安くてそれなりの質のところを選ぶか。難しい問題ですが、お子さんときちんと話し合えばどんなタイプの家庭教師を選べばいいのかきっと結論が出るはずです。いずれにせよよく考えて、結論を出しましょう。


nice!(3)  トラックバック(0) 

nice! 3

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。