So-net無料ブログ作成
検索選択

トライの教育理念を読んでみた(トライの教育理念)

トライの教育理念を読みました。
「1対1の個別教育にこだわり、
お子様やご家族との深いコミュニケーションョンにこだわり、
確かな結果を残すことにこだわり続けます。」
とありました。

家庭教師ならではの「1対1」の授業、
そこにはコミュニケーションが不可欠です。
だからこそコミュニケーションにこだわるのでしょう。

そして
「脳科学・教育心理学などの理論を応用し
生徒一人ひとりにあわせた学習プランによって、
3~6ヶ月で学力が向上するように指導します。」

「生徒の気持ちを理解できる教師が、
学習効果の源泉である「やる気」を引き出します。」

「『精神的な安心感』、『適度な競争心と成功体験』を育み、
『人格の成長』を促します。」
など、細かな理念も掲げています。

しかし、トライは、
このような理念を掲げるだけでなく、
「トライ式学習法」と言う、
トライ独自の、具体的な勉強法を確立しており、
自社の生徒に役立てているのです。
そこは口だけでないな、と思いました。

他にも、子供に合わせた環境整備を推奨し、
生徒やその親と共に実行しています。
やはり沢山の子供達を教えてきて、
ノウハウが確立された大手会社は違うな、と思いました。


ハイレベルな大学に合格して欲しい、
と思っているならば、やはり、それ相当の教育を
受けさせる必要があります。

「まずは高校受験のために、中学生になって
初めて本格的に受験勉強する」と言う
子供もいるでしょう。

そういった時に、塾にするか、家庭教師にするか、
親子で悩むと思います。

どちらもメリットがあると思いますが、
どちらかを選ぶ際、「その教育関係の会社は、
具体的な教育方針があるかどうか」を
見極めることが肝心だと思います。

例えば家庭教師のトライなら、
生徒が高校生、と言う場合、
志望校や現状学力に合わせた
大学受験対策はもちろんのこと、
赤点対策などを含めた定期テスト対策の為に、
勉強のやり方から計画の立て方まで指導しています。

苦手克服、内申点対策のため、
わからない原因を見つけ出し、わかるまで学習する、
と言う学習方法も掲げています。

こういった教育方針が、子供に合っているかどうか、が
大事なのです。ですから、塾などを選ぶ時は
予め、具体的な教育方針を聞いておくと良いでしょう。

学校の授業では分からない問題を
そのままにしてきたせいで、勉強が全く分からない…
と言う子供は、家庭教師に、一つ一つ丁寧に教えてもらい、
些細な問題もすべて解決していった方が
結果的には近道だったりもします。

塾などを決める時は、子供の性格などを考慮し、
合う合わないを見極め、
「納得の出来る教育理念、方針を貫いている」
ところを選ぶと良いでしょう。


nice!(3)  トラックバック(0) 

nice! 3

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。