So-net無料ブログ作成

はじめての家庭教師体験~評判と違った家庭教師のトライ~

受験を目前にした中学3年生の秋、僕は塾をやめました。

大事に時期に塾を辞めるという暴挙に出たのには理由があります。

どうしても、その当時通っていた塾の先生と相性が合わなかったのです。

具体的には、その塾の先生が、大勢の人が分かっていることは、
みんなわかっていると見なして、どんどん授業を進めてしまうからです。

集団で勉強を進める塾であれば、そういう面があるのはしょうがない、と思います。
でも、実際に受験して、高校に入らなければいけない、
でも、いま、目の前にある問題が解けていないのにもかかわらず、
授業が進んで行ってしまうこの状況に、僕は非常に危機感を感じました。

そこで、受験を目前控えた3年の秋に塾を辞めるという決断をしたのです。

では、その後どうしたのか。

僕の場合は、家庭教師という結論になりました。

家庭教師も色々とありますが、「家庭教師のトライ」にしました。

その理由は、無料体験の授業を受けてみて、その時の先生がとても親切丁寧に教えてくれたからです。

塾の時とは違って、わからないところはわかるまで質問できるし、しっかりと理解した上で進めていける。
先生も優しいし、頼もしい。

家庭教師のトライに関しては、色々と評判を耳にします。
中にはよくない評判もありますが、実際に生徒として家庭教師のトライにお世話になった身からいうと、
一部の悪い評判と実際とでは大きく違いました。

やっぱり、評判だけで判断するのはよくないですね。
自分自身で判断しないといけないと改めて気づかされてことでした。
トラックバック(0) 

トライの評判を信じて良かった!

トライの評判は、良いものが多い。

・親切に教えてくれる。
・先生が優しい。
・ときどき楽しい話を交えて飽きさせない授業をしてくれる

などなどです。最初は「本当にトライの先生って優しいのかな?」と
ちょっぴり疑った時期もありますが、トライの先生に実際に教えてもらって、
やっぱり評判通り優しい先生がたくさんで、非常に良かったです。

でも、敢えてトライのマイナス面(?というほどのことでもないけど)、
大学生の4年生の先生だと、「いいな」と思っていても直ぐに卒業してしまうので、
長く一人の先生に教えて頂くことが出来ない、という点でしょうか。

まぁ贅沢な悩みですね。
トラックバック(0) 

トライのCMを見て思うこと

家庭教師って、結局のところ、「先生」だと思うんです。

つまり、先生と生徒、一対一で行われる教育ですから、
広い教室に先生一人とその他大勢の生徒という状況とは全く違います。

いわゆる「講義形式」の場合は、先生の話し方や講義のテーマ、
教材などの良し悪しも大きなポイントかと思います。

それこそ、家庭教師のトライのCMじゃないですけど、
先生の目が行き届く範囲は限られてくるので、
教科書にいたずら書きなんかを始めちゃう生徒もいると思うんです。

その点、家庭教師は、先生と生徒の一対一、真剣勝負になると思うんです。
そんな状況で教科書にいたずら書きなんて、到底できないはず。

自然と勉強にも熱が入ります(そのはず!)

となると、やっぱり家庭教師は先生の重要性が増し、そのウェイトが高まります。
ですが、先生も人、つまり相性やらなんやら、いろいろあるわけです。

なので、評判や口コミだけでは何とも判断しがたいのです。

だから、実際に試してみるのが一番です。
少なくとも家庭教師に関しては、多くの企業で無料体験も設けていることですし、
評判だけで判断しないで、無料の体験授業を受けてみて、自分自身で判断するのが一番だと思います。
トラックバック(0) 

トライの評判の詳細に迫る

評判という漠然としたものではなく、一つ一つのユーザーの声に耳を傾けてみたい。

例えば、家庭教師のトライに関する授業内容や先生の質に関する評判はどうか?

ネット上の評判を見てみると、「優しい先生です」「丁寧に教えてくれます」など、
家庭教師のトライの先生に関する評判は上々のようだ。

これは、家庭教師のトライという企業が提供している商品・サービスである
「先生」の質が、実際に良いことの表れであると思います。

もうひとつ、家庭教師のトライに関する評判で大きなテーマであるテレビCM。

家庭教師のトライの特徴として、家庭教師の本業に関する評判よりも、
家庭教師のトライが企業として行っているプロモーション内容、
特にテレビCMに関する評判が非常に多い。

きっと、内容的にとても印象的でインパクトのあるCMを放映しているからだ思う。
その為、ネット上をはじめ、様々な評判が出てくるのだと思われる。
トラックバック(0) 

家庭教師のトライを選んだのは。

タイトルの通り、評判は評判でしかないが、やっぱり何らかの指標や判断基準にはなりうると思います。

自分だけでは調査が不十分なことが多いですし、
自力で分析することも限界があると思います。

そんな時は、「他人に聞く」というのが最も効果的な解決方法だと思います。


聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥、ということわざがあります。

でも、聞くのって別に恥でもなんでもないですよね。

それに今の時代、ネットで口コミや評判情報を見る分には、
恥どころか躊躇したり戸惑ったりすることもないはず。

自由に、そしてたくさんの口コミ情報を見て、評判を集めて、
それから判断すればいいのです。

僕の場合は、車を買うとき、保険を選ぶとき、塾にしようか家庭教師にしようか迷った時、
評判をもとに判断してきました。

家庭教師のトライを選んだ時もそう。
評判をくまなく調べ、数多くの家庭教師企業を調べ、その中で、最も評判が良かった家庭教師のトライを選んだ。

その判断決断は、間違っていなかったと思う。
評判は評判だけど、結構役に立つよと言いたい。
トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。