So-net無料ブログ作成

家庭教師のトライとベストの違い(サポート体制など)

「家庭教師のベスト」は1994年に創立された家庭教師派遣会社です。北海道から九州まで、全国13箇所の主要都市に拠点を有し、家庭教師の派遣を行っています。「家庭教師のベスト」に在籍する家庭教師の先生は、大学生・大学院生のアルバイト先生から、プロの講師の先生まで様々です。また、もしも派遣されてきた先生との相性がよくなかったり、先生に不満があったりする場合には、手数料不要で先生を交代できるとのことです。 一方、「家庭教師のトライ」は、創立が1987年と、「家庭教師のベスト」よりいくらか長く家庭教師派遣業界での経営実績がある会社です。「家庭教師のベスト」と同じく、「家庭教師のトライ」にも、アルバイト先生からプロの講師の先生まで、様々な先生が在籍していますし、やはり派遣されてきた先生に不満がある場合などは、無料で先生の交代が可能です。では、一見似ている二社の違いとは一体どこにあるのでしょう。
 ひとつ挙げられるのは、「家庭教師のトライ」を特徴づける存在でもある「教育プランナー」の存在の有無でしょう。「家庭教師のトライ」における「教育プランナー」とは、テレビCMの「トライさん」としておなじみですが、ご家庭および生徒さんを、家庭教師の先生とは別の視点から支えてくれる、いわば担任の先生のような存在です。各ご家庭に一人の担当の方がつき、生徒さんの学習プランを考えてくれたり、あるいは家庭教師の先生に直接言いづらい要望や意見などを吸い上げてくれたり、ときには生徒さんを見守る親御さんの気持ちに応えてくれたりする、非常に頼れる存在なのです。
 「家庭教師のベスト」にも、「学習アドバイザー」と呼ばれる方が存在し、ご家庭あるいは生徒さんに対して、先生を派遣する前の事前相談を行っているようですが、「家庭教師のトライ」の「教育プランナー」が、入会後にもきめ細やかな対応を行ってくれる印象であるのに対し、「家庭教師のベスト」には、まだそうした対応をされる方が足りないような印象を受けます。
 また、「家庭教師のトライ」は、北海道から沖縄まで、全国都道府県での家庭教師の派遣を可能としています。それゆえに、全国の生徒さんの指導実績や、受験情報が「家庭教師のトライ」には集まっているのです。そのため、遠隔地の学校を受験したい場合や、急な引越しの場合などにも、「家庭教師のトライ」の先生、そして「教育プランナー」の方は、すみやかに学習計画を立てることが可能です。
「家庭教師のトライ」では、他の家庭教師会社との比較相談などにも無料で応じてくれるサービスがあるようなので、迷う場合にはぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

nice!(0)  トラックバック(0) 

一般的家庭教師と家庭教師のトライの指導方法は

CMでもおなじみの「家庭教師のトライ」。
認知度が高く、さらにはネットの口コミでも評判の高いこちらの会社ですが、では他の家庭教師会社との違いはどこにあるのでしょうか。

まずトライでは、「トライ式学習法」という独自の学習方法をベースとしています。
他の家庭教師会社でも様々な独自の学習法を開発しており、なかには専用の教材を使用して授業を行うところもあります。

しかし専用教材を使用するデメリットとしては、教材費が高額・学校の授業と内容が違うといった点が挙げられます。
特に基礎学力向上をうたった家庭教師会社がこのような専用教材を使用しているところが多いのですが、実は学校の教科書だけでも十分基礎学力を上げることができると、トライでは証明してくれているのです。

トライ式学習法の一番の特徴は、理解するまで何度も反復するところ。
非常に勉強の基本だと思われる方も多いでしょうが、実は他の家庭教師や塾ではこの基本がおざなりにされている場合が多いのです。
一般的な家庭教師の場合、生徒が「分かった」と言ってしまえば、先へ先へと授業を進めてしまう傾向にあります。
しかし生徒が分かったと言ったとしても、本当に理解したかどうかは怪しいもの。
単に授業を終わらせてしまいたいという心理から、分かった振りをする生徒も少なくありません。

その点トライでは、次回の授業時に前回の授業のおさらいを確実に行います。
そのため、分かったふりであっても、また分かったけど忘れてしまった場合であっても、しっかりと頭に定着するまで復習をすることができるのです。
これらの学習法は心理学に基づいて設計されており、反復学習は一番記憶の定着に良いとされています。

また、勉強が苦手な生徒の場合には、本を読むことを推奨しています。
数式や暗記を一般的な家庭教師会社では推奨しているところが多いですが、トライでは国語こそが全ての教科の土台になると考えています。
読解力を高めることによって、様々な教科のテスト問題も解けるようになるため、まずは国語力のアップが基本とのこと。
本嫌いの子供であっても、講師が面白おかしく授業を進めてくれると評判の高いトライでは、先生と生徒のコミュニケーションが円滑に行われるからこそ、講師が推奨した本を読むようになるそうです。

このように読書や勉強が苦手な子供もいれば、自主的に勉強を行う子供もいます。
一般的な家庭教師では、生徒の学力によってカリキュラムを変えることはありますが、トライでは学力だけでなく生徒の性格も考慮してカリキュラムを組みます。
そのため授業内容はオーダーメイドであり、一人一人に合った授業が受けられるところも、トライの魅力の一つだと言えるでしょう。

nice!(0)  トラックバック(0) 

家庭教師のトライとファーストを料金面で比較する

「家庭教師のファースト」という会社の名前を、聞いたことがあるという方はどれだけいるでしょう。これまで家庭教師の先生をお願いするかどうかで悩み、様々な会社から資料を請求したことがある方は目にしたことがあるかもしれませんが、そうでない人にはあまり馴染みのない名前かと思います。というのも、「家庭教師のファースト」は、新聞広告やテレビCMなどをあまり行わないことを決めている会社だからです。莫大な広告宣伝費をかけて、家庭教師について特に考える必要のない家庭にまで会社のことをアピールするよりも、無駄な広告宣伝費をかけず、各ご家庭への料金の負担を減らし、家庭教師の先生へのお給料を増やした方が良い、という考え方のようで、これは一理あると思っていいでしょう。対照的に、「家庭教師のトライ」などは、近ごろはアルプスの少女ハイジを元ネタにしたCMをよく見かけるようになりましたし、家庭教師派遣会社といえば、まず「家庭教師のトライ」の名前が挙がる、という方も多いのではないかと思います。
 さて、広告を打つことにかけては対極的な考え方をもっていそうな二社ですが、その中身を比較するとどうでしょう。いずれも設立からは20年以上が経っている会社であり、家庭教師派遣業界の中でも実績を積んでいる方であるといえるでしょう。また、所属している家庭教師の先生も、大学生のアルバイトから、「プロ」の家庭教師の方まで様々なようです。
 カバーしている地域としては、「家庭教師のトライ」の方が多いでしょうか。「家庭教師のファースト」は、首都圏を中心に、東海・関西などは手広くカバーしているようですが、それ以外の地域ですとまだ派遣可能地域は県単位に限られているようです。一方、「家庭教師のトライ」は、北海道から沖縄まで、全国どこでも対応、とうたわれています。
 また、気になるのは料金ですが、「家庭教師のファースト」のホームページを見ていると、「家庭教師のトライ」より「家庭教師のファースト」のほうが料金が安かったので決め手になった、という口コミが掲載されているのが分かります。これは、先に挙げた、余計な広告宣伝費を使用しないことで、料金の低減を狙ったという「家庭教師のファースト」の理念にもかなった内容でしょう。しかしながら、「家庭教師のトライ」は、希望する先生のレベルや、派遣地域などにより料金が変動するシステムのようですので、一概に高い・安いを比較することは難しいのではないかと考えます。
 どちらの会社も、他社との比較相談も請け負っているようですので、迷うことがあれば、一度電話をしてみるのもいいかもしれませんね。


nice!(0)  トラックバック(0) 

個別教室のトライ情報

ご存知家庭教師のトライから生まれたサービス「個別教室のトライ」。生徒にマンツーマンで指導するため、家庭教師とほぼ同じ効果が得られると評判ですが、果たしてその実態はどうなっているのでしょうか?

個別教室のトライは、その名の通り生徒一人に対して、講師一人が指導するタイプの「完全マンツーマン型」の個別指導塾です。塾数は316か所。直営教室数では日本一だそうです。教室は東京、神奈川、大阪などの都市圏に集中していますが、地方にもちらほらと見受けられます。教室の場所はトライのホームページで確認することができるため、気になった方は探してみてください。

個別教室の最大のメリットは?

個別教室のトライの一番のメリットは、なんといっても先生を独り占めできるところ。子供のウィークポイントや長所、学習の進捗具合などを先生がすべて把握してくれ、その状況に応じて最適な学習方針を定めてくれるので、生徒にとってはとてもありがたい存在です。

基本的に1対1での指導となるため、塾のような大人数の授業では質問しづらかったという生徒も気軽に質問できるというのもメリットの一つです。勉強だけでなく進路指導などの相談も受けてくれるため、子供たちにとっては先生というよりも親のような存在といえるかもしれません。

また、トライでは「トライ式学習法」と呼ばれる独自の学習法を採用しています。これは100万人以上への指導経験をもとにして作られたトライオリジナルの学習方法で、生活面から学習面まで幅広く生徒をサポートします。このようなキメ細やかなサポートは、集団塾などでは受けられません。

個別教室のデメリット

一方、最大のデメリットは月謝です。通常の塾と比べると、やはり授業料は高めです。もちろん、それに見合っただけの学力向上は望めると思いますが、どうしても先生が合わなくて、月謝はたくさん払ったのに学力はちっとも向上しなかったというケースもないわけではないようです。

さて、個別教室と家庭教師の最大の違いは、勉強する環境が違うこと。どちらもマンツーマンでの指導という点では変わりありませんが、家庭教師は家で、トライの個別教室は塾で指導を受けることになります。

家にいるとどうしてもリラックスしすぎてつい怠けてしまうという子供には個別指導塾の方が向いています。逆に、通学に時間をかけたくない、自宅の方が落ち着いて授業を受けられるという子供には、家庭教師の方が向いているといえます。このあたりは子供の性格をよく考えて決めるといいでしょう。


トラックバック(0) 

家庭教師のトライと塾の違い

トライのように世間でも評判の家庭教師を選ぶか、手近な存在である塾を選ぶかは、受験を控えた子供とその親にとっては重要な問題です。どちらにも違った長所と短所がありますが、自分から勉強するのが嫌いな子供の場合は、塾よりも家庭教師の方が向いていると思います。

自分から勉強するのが好きな子供は、人が見ていなくても自主的に勉強するので、勉強に専念できる環境さえ与えてやれば、塾に通おうが家庭教師に教わろうが、最終的にはちゃんと結果を出します。

自分から勉強しない子供には家庭教師が合う?

問題なのは自分から勉強するのが嫌いな子供です。こういう子供は塾に通わせても結果が出ないケースが大半です。子供が一番気にするのは親の目なのですから、その親の目が行き届かない塾で学ばせようとしても、子供はサボってしまうのです。

ましてや塾は講師に対して子供の数がかなり多いので、子供がサボっていても講師は注意しない場合が多いです。よく学校などでも寝ている生徒を無視して授業を進める先生がいましたよね。あれと同じです。塾の講師はもともと全員が志望校に入れるなどとは思っていません。自主的に勉強する子供を伸ばすのは自分の役目だけれど、ちゃんと勉強ができる環境を与えても学ぼうとしない子供のことなど知ったことではない。その子が志望校に落ちたとしても、それは自業自得。これが塾講師の正直な感想だと思います。

一方、家庭教師は1対1なので、よほど強心臓の持ち主でもない限りはサボることができません。サボろうとしていたらすぐに家庭教師から突っ込みが入ります。もちろん、家庭教師をつけても勉強しない子供は勉強しませんが、それでも塾に通わせるよりはいい結果が出ることが多いです。

家庭教師と塾の違い

どちらかといえば塾は「もともとやる気がある子供を、さらに伸ばす」のに適した学習スタイルです。それに対して家庭教師は「もともとやる気がない子供のやる気を引き出し、勉強することの楽しさを教える」存在です。

また、家庭教師は1対1なので、自然と教える側も熱意を持つようになります。なにせ自分の教え子が落ちてしまったら、自分の名に傷がついてしまうわけですからね。必死になるのも当然です。

それに対して塾講師は、たくさんの子供を教えているので、全体の9割が合格すればいい、くらいの気持ちでやっているところが多いです。つまり、落ちこぼれの1割に当てはまる子供は塾では面倒見てもらえないのです。

もともとサボる傾向が強い子供は、塾に通わせても無駄に終わる可能性が高いです。そういうお子さんを持っている方には、多少の出費を覚悟してでも、家庭教師をつけることを強くお勧めします。


トラックバック(0) 

家庭教師のトライと東大友の会の料金面について

数ある家庭教師派遣会社の中でも、おそらくもっとも難関大学生の割合が多いであろう「東大友の会」。今回はその魅力や評判、長所、短所などを、家庭教師のトライと比較しながら明らかにしていきたいと思います。

東大友の会は、1992年に設立された家庭教師の派遣会社です。ほかの派遣会社と比べると歴史は短めですが、その分質が高い講師がたくさんいることを売りにしています。

東大友の会は優秀な学生家庭教師がたくさん?

家庭教師のトライは学生家庭教師からプロの家庭教師まで、様々なタイプの教師が登録しています。その数は約6万人と、ほかの派遣会社としてもかなり多いほうです。質はピンからキリまでですが、プロの家庭教師の質は総じて高いと評判です。

トライ以外の派遣会社も、どちらかといえばプロの家庭教師(学生ではなく、本職でやっている家庭教師)が多数在籍することを売りにしている会社が多いのですが、東大友の会はそれとは対照的に、現役の学生が多数在籍していることを売りにしています。

その数は約1万9000人。東京大学の学生の二人に一人は東大友の会に登録しているそうです。その他、早稲田、慶応、一橋大学など、有名な市立大、国立大学などの生徒も多数在籍しているそうです。逆に、それ以外の大学の学生や、プロ家庭教師の紹介はしていません。

また、家庭教師のトライの教師採用率は39%だそうですが、それに対して東大友の会の教師採用率は20%以下だそうです。教師の選抜は家庭教師登録→書類選考→面接→体験授業→正式採用という流れで行われます。この狭き門を潜り抜けた者のみが、東大友の会の講師になれるのです。

次に料金体系について。家庭教師のトライは、入会金が4万2000円、月会費が4500円、それに加えて授業料がかかるため、結構授業費用が高額になりがちです。

それに対して東大友の会の料金体系は非常に明確です。入会金は1万8900円、月額授業料が1万4700円、月会費はなし。完全後払い制を採用しているため、過払いも発生しません。値段だけを見れば、東大友の会がお財布には優しいといえるでしょう。


教師の取り分が多い東大友の会

また、東大友の会は、ほかの家庭教師派遣会社と比べて、教師の時給が高いのが特徴です。その分広告費や講師募集にはお金をかけていません。このことがいいことなのか悪いことなのかは私にはわかりませんが、東大友の会曰く「この方が講師獲得にかかる費用が少なく、高い給料で質の良い講師をつなぎとめておくことができる」そうです。

確かに、その考えも一理あると思います。ただ、あくまでも講師は学生であり、教育のプロではないということは、留意しておく必要があると思います。


トラックバック(0) 

トライの教育プランナーのブログをみて

「♪口笛はなぜ~ 遠くまで聞こえるの?」
あ、ハイジか、と分かる方も多いと思います。

宮崎駿元監督が制作に携わっているテレビアニメ
「アルプスの少女ハイジ」の歌です。
日本国内で、とても有名ですね。

この、ハイジを起用したのが「家庭教師のトライ」のCMです。

トライさんという家庭教師のトライの教育プランナー
(全般的なアドバイザー、相談係らしいです)が
アルムの山でハイジ達と一緒に勉強に関するお話を繰り広げる、
と言う内容です。

ご覧になった方も多いでしょう。
あまり好きでない、という方もいると思いますが、
ユニークなCMですよね。

ハイジと一緒に雲に乗ろうとして、一人だけ落ちていくトライさん。
ハイジと一緒に草原を転げ落ちるトライさん。
…はしゃぎすぎです(笑)。

でも、このCMを見ていて、
「実際のトライさん…教育プランナーさんも
こんなに『子供と一緒』な目線を大事にしてくれる
のかな?」と思いました。

勉強する時に、先生やスタッフさんが子供の立場にたって、
物事を考えてくれることはとても大切です。

それで実際のトライの「教育プランナーさん達」の
ブログを見てみました。

…今「教育プランナーさん達」と書きました。そうです、
ビックリしましたが、トライさんは一人では無いのです。
しかも全都道府県にそれぞれいるようなのです。

例えば島根なら島根のトライさんがいるので、
生徒や保護者は、自分と同じ県のトライさんに
相談出来るシステムなのです。

鹿児島の受験事情と東京の受験事情…
やはり違いがあると思うので、これは良いシステムですね。

とりあえず何県か見てみたのですが、真面目な方ばかりです。
ブログで「具体的な目標の立て方」と言った、受験と関係ない私にも
為になりそうなことが沢山書いてあり、勉強になります。

こういった方々に相談を出来るのは心強いだろうな、と思いました。
しかも土日もOKなフリーダイヤル。さすが大手、と
言わざると得ません。

しかし、家庭教師のトライは、ネット上の口コミ・評判は
とても良い!とは言い難いものもあります。
そう言ったネット上の体験談などを見る限り、
「高い」と言うのが一番のネックのようです。
確かに、こういった教育プランナーを
各都道府県に配置するのにもお金がかかるでしょう。
そのぶん授業料なども高いのだと思います。

「フォローが充実したところはその分高い」
と言うことに納得が出来て、
「私は何でも言いたいし、何でも相談したいから
フリーダイヤルで、相談係に話せるのがベストの環境よ!」
と言う方には、トライは向いていると思います。

トラックバック(0) 

家庭教師のトライと学研との指導内容を比較する

「家庭教師のトライ」と同様に認知度の高い「学研の家庭教師」ですが、では両者の違いはどこにあるのでしょうか。
両者とも有名企業ということで、親御さんたちの信頼度は高いようです。
そのため、信頼度を基準に家庭教師会社を選ぶ場合、どこも同じだろうと考えて選ぶ方が多いようですが、実は中身や方針はかなり違うので注意が必要です。

まず、家庭教師会社を選ぶ際に一番重要と言われている「サポート体制」ですが、どちらも生徒と家庭教師の間に本部のスタッフがサポート役として介入します。
学研の場合は、主に家庭教師からのお子さんの授業態度や授業の進行状況をヒアリングした上で本部スタッフが指導を行い、それを親御さんにフィードバックするという体制を取っているようです。
また、毎月本部からの受験に関する内容などをまとめた雑誌が送られてくるとのことですので、最新の情報を知ることもできます。

トライの場合も同じく間に「教育プランナー」と呼ばれる本部スタッフがパイプ役として入りますが、学研と大きく違うところは、定期面談を設けているところや、プランナーによるカリキュラムの見直しが行われているところです。
学研でも希望があれば個別面談を行ってくれるようですが、事前予約が必要であったり、希望に添えない場合もあるとのこと。
しかしトライの場合、全生徒が年に数回必ず、親御さんと教育プランナーとの三者面談を受けるようになっています。
また、電話であれば随時相談に乗ってくれるとのことですので、家庭教師に対する不安や疑問が多い場合は、トライの方が安心感を得られるのかもしれません。

その他でトライと学研が違う点としては、力を入れている科目の違いがあります。
学研の場合は理解に時間のかかる算数・数学に力を入れているのに対し、トライでは読解力を高める国語に力を入れているようです。
両者ともに、お子さんの学力やペースに合わせたカリキュラムを重要視している点は同じでしょう。
しかしトライの場合は、全教科の基礎とも言える読解力が無ければ、算数も理科も解くことができないと考え、国語力を重要視しています。
その反対に、授業時間を復習・演習・解説といった様にしっかりと区切ってメリハリのある授業を行い、そのなかでも演習に時間のかかる算数に重点を置いているのが、学研なのです。

どちらが良いかはお子さん次第かもしれませんが、相対的な学力を伸ばしたいと考えているのであればトライを、数学が特に苦手だとお子さんが感じているのであれば、学研の方が良いのかもしれません。

ただ、家庭教師の質という点では、学研の方はばらつきがあるという口コミが見られます。
トライの場合は、採用基準に学歴や学力だけでなく、教え方が上手、コミュニケーション能力が高いといった部分も入れているため、講師の質にばらつきが少ないようです。
しかし学研の場合、学力に比重を置いた採用を行っているようなので、家庭教師本人の学力は高くとも、教える能力がいまいちなど、家庭教師レベルにばらつきがあるという声も聞こえてきます。

トラックバック(0) 

家庭教師のトライの受験情報

家庭教師のトライで、中学校、高校、あるいは大学受験を目指そうと考える子供にとって、果たして家庭教師のトライはどの程度の受験情報や実績を有しているかは、気になるところですよね。
 家庭教師のトライには、「教育情報センター」という独自の組織を活用することによって、これまで家庭教師のトライが指導してきた90万人以上の生徒さんの指導実績を分析して得た、最新の受験情報データが蓄積されています。そのため、まだ志望校がはっきりしていない生徒さんには、どのような学校が合っているのか、志望した学校のレベルはどの程度なのか、自分はこれからそこに向かってどれだけ勉強すればいいのか、など、様々な要素を学校別・科目別に細かくそして的確に生徒さんに指導できる体制が整っているのです。
 しかし、家庭教師のトライの本部にだけそのデータがあっても仕方ないですよね。家庭教師のトライでは、各ご家庭に派遣されてくる先生にも、しっかりそのデータが備わっています。また、各ご家庭を担当される「教育プランナー」という、学校でいう担任の先生のような存在の方が、しっかり担当の家庭教師の方に、各ご家庭の生徒さんのための、学習プランを指導しています。そのため、家庭教師のトライでは、どの先生も質の高い受験指導をしてくれる体制が整っているのです。
 中学校、高校、大学と、人生のうちで何回か迎える受験の時期に、必要な情報は様々です。例えば公立高校を受験したい場合は、中学生活での成績アップも大きな課題となってきます。大学受験とひとくちに言っても、今ではセンター試験を活用した受験や、AO入試と呼ばれる試験態勢、あるいは通常の受験でも、志望する大学や学部によって、出題の傾向は様々です。そうした個人に対するきめ細やかな受験サポートを、過去に指導してきた全国の生徒さんのデータを分析した結果から、家庭教師のトライはしっかり行ってくれるのです。
 また、受験勉強を続ける上で、どうしても心の折れてしまう生徒さんがいるかもしれません。そんな時にも、家庭教師のトライは力になってくれます。家庭教師の先生のみならず、「教育プランナー」の方は、子供だけではない、ご家庭全体で「受験」に対しどう取り組めばいいか、メンタル面でのサポートもしっかり行ってくれます。一生に一度、絶対に失敗したくない受験だからこそ、家族みんなで子供のサポートをしたいですよね。家庭教師のトライならば、塾や学校では気付いてくれない、そうした細かい部分まで、きちんとサポートが可能なのです。


トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。