So-net無料ブログ作成
検索選択

家庭教師のトライでのプロ講師と通常講師の料金について

家庭教師のトライは、学生アルバイト講師とプロの家庭教師が在籍しています。通常家庭教師と聞くと、学生講師を思い浮かべますが、プロ家庭教師はその名の通り厳しい採用条件をクリアした方達です。

そんなプロ家庭教師からの指導となると、一般の家庭教師との料金を比較した際かなり高めのようですが、それでも様々なニーズに合わせてプロ家庭教師を選んで学習されている方が大勢いるようです。学習も料金が高ければ質が良いと言うことなのでしょうか。

しかし、学生講師だから指導力が足りないというのではありません。学生講師になるのにも人物、成績を採用の基準としているのは言うまでもありませんし、たくさんの生徒を指導してきた人ならば教え方もしっかりされていると思います。

要は自分と相性の合った家庭教師の人ならば二人三脚で頑張って、しっかり勉強に身が入りそうです。
料金はひとつの目安として、自分が何を求めているのか、学習内容を明確にしたらきっとそれに応えてくれる講師と出会いそうです。
nice!(0)  トラックバック(0) 

家庭教師のトライの料金内容について

たくさんの数ある家庭教師会社がある中で家庭教師選びをインターネットで検索してみました。
どの会社も独自の教育理念や指導法がある中で、気になった家庭教師のトライのホームページ
見てみました。対象は小中高とあり、その中でも様々なコースが設けられてあります。入会金や授業料などは居住地ごとに異なるそうで、直接問い合わせて下さいとありました。

教育方針としては、自分に合わせて専任の教育プランナー学習法やプランをたてて学習の進め方を指導してくれるようで、これはトライならではのようです。

また受験対策として全国の受験情報が得られるものも受験生にとっては大変ありがたいものです。勉強は1人で行うものですが、教育プランナーや家庭教師が付いてサポートしてくれていると考えると、一緒に頑張ってくれている感じでやる気がアップしそうです。

細かなサポートなどもあるので、料金はそれなりにするのかなと言う感じですが、本気で勉強に取り組むのなら、料金と指導法は比例していても納得できる感じです。
nice!(0)  トラックバック(0) 

トライの高校受験対策の評判

公立中学校に通い、日々をなんとなく過ごしてきた大多数の中学生にとって、人生で初めてぶち当たる壁、高校受験。今までの学校内の定期テストと違い、付け焼刃で得た知識や一夜漬けなど通用しないこの試験に跳ね返された中学生は数知れません。

しかし、高校受験は勉強のコツさえつかんでしまえば、それほど難しいものではありません。少なくとも他の資格試験や大学受験などと比べればはるかに容易であり、しっかりと対策さえすれば最小の苦労で合格することも十分に可能です。

人はなぜ高校受験に失敗するのか

それなのになぜ高校受験に失敗する中学生が後を絶たないのか。理由は大きく分けて二つあります。一つ目の理由は「そもそも勉強量が足りないから」。これは正直どうしようもありません。本人の努力不足なので、周囲の人間はどうすることもできません。二つ目の理由は「勉強量は足りているが、やり方が間違っている、非効率的だったから」。これは非常にもったいないミスです。やり方さえあっていれば十分合格できるほど勉強していたのに、正しい勉強の仕方を知らずになんとなく突き進んでしまったために不合格。こんな悲劇を避けるためには、正しい勉強方法を知らなければなりません。

こうした正しい勉強方法は、学校や塾などの生徒が多数いる形式の場所では、なかなか学ぶことができません。正しい勉強の仕方を身につけるには、やはり家庭教師が一番です。

最小の努力で最大限の実を勝ち取れ

家庭教師のトライの高校受験対策では、高校受験に必要な知識だけを選択して集中的に学ぶことができます。受験に必要な知識だけをさくっと仕入れることができるため、部活や他の趣味などとの両立も夢ではありません。

トライの高校受験対策の流れはまず入試の仕組みを知るところから始まります。ない進展や入試の仕組みをまずは大雑把に理解して、自分の居る位置を確かめるところから始まります。

それが終わったら志望校選び。志望校を明確にして、家庭教師や教育プランナーと一緒に学習計画を立てて生きます。

計画が建て終わったらいよいよ学習開始です。勉強は決して楽なものではありませんが、教育プランナーや家庭教師が志望校に合格するのに最適な道のりを示してくれるため、迷いなく勉強することができます。勉強も大詰めとなったらいよいよ細かな勉強に入ります。そうして順序だてて知識をつけて行けば、気がつけば合格ラインにたつことができます。

この順序だった理路整然とした学習スタイルは受験生やその親からの評判も非常によく、ネット上にも「トライのおかげで合格できた」と言う口コミが多数見られます。最小の努力で最大の結果が得られる。それがトライの高校受験対策なのですね。


nice!(0)  トラックバック(0) 

トライ式高等学院とは

さて、今回のテーマは「家庭教師は学校の代わりになる?」ですが、結論から言えば、現時点ではまだ家庭教師は学校の代わりにはならないと思います。以下でその理由を述べたいと思います。

学校と言うのは勉強を学ぶ場所であると同時に、集団生活を学ぶ場所でもあります。授業中は大声を出して歩き回ったりしない、人に迷惑をかけるような行動はしない、他人と協力して物事を進める……こうしたことは、家庭教師からは決して学べないと思います。

一方、家庭教師はあくまでも勉強を教えることが業務の中心です。中には個人的な悩みに答えてくれる教師もいるでしょうが、いくらその家庭教師が優れた手腕の持ち主だったとしても、そこから集団生活を学ぶことはできません。家庭教師は1対1で行われるものだからです。

「こんな考えは古い」と言われる時代が来るかも知れない!

しかし、最近は家庭教師の派遣会社も多岐にわたるサービスを提供するようになり、一概に「家庭教師では集団生活を学べない」と言うこともできなくなってきました。

例えば、家庭教師のトライは現在、トライ式高等学院という学校を経営しています。トライ式高等学院は、家庭教師のトライから生まれた通信制高校のサポート校です。校舎へ行かなくても自分の家で指導が受けられるのが特徴です。継続的な指導を受けることにより、高校卒業だけでなく、その後希望する進路に進めるようになるまで、学力をアップさせることができます。

家庭教師なのにキャンパスライフが楽しめる!

この学校は基本的には通信制ですが、キャンパスの教室に通って、同級生と一緒に勉強・交流することもできます。従来の家庭教師サービスではこうした生徒同士の横の結びつきは乏しかったのですが、トライ式高等学院なら、同じ悩みを抱えている同級生とも出会うことができます。

行われるイベントはバーベキュー大会、遠足、クラブ活動、ゼミ活動など。生徒間同士の交流が持てるようになるので、自然と集団生活での身の振り方が身につけられるようになります。これは従来の家庭教師サービスでは考えられなかったことです。このようなサービスがもっと増えてくれば「家庭教師は学校の代わりにはならない。なぜなら、集団生活を学ぶことができないからだ」と言う考え方は、過去の遺物となるのかもしれません。

しかしなんにせよ、現時点ではやはり家庭教師は学校の代わりにはならないといえるでしょう。家庭教師はあくまでも勉強のサポートをする場所であり、それ以上の役割を求めてはいけないのかなとも思います。あまり家庭教師を偏重するよりも、家庭教師と学校をバランスよく使っていったほうがいいのではないかと思います。家庭教師をうまくつかって、ガンガン成績を伸ばして言ってください。


nice!(0)  トラックバック(0) 

家庭教師のトライの教育プランナーの利用法

家庭教師のトライでは、選任の家庭教師のほかに、教育プランナーがつきます。教育プランナーは学習プランの作成、学習状況のチェックなどを行って、子供たちの学習をサポートします。また、家庭教師へ直接いいづらい要望や不満などは、教育プランナーに伝えることが可能です。

教育プランナーはいわば、第二の担任のようなものです。学校の担任と違って1対大勢ではなく、1対1で向き合ってくれるので、学校の担任にはいいづらいようなことも、気軽に相談することができます。

たとえば、きちんと勉強しているつもりなのに成績が伸びない、と困ったことはありませんか。勉強しているのに成績が伸びない理由は、ずばり勉強の仕方が間違っているからです。

教育プランナーは子供のための学習プランを練ることについてはプロなので、その子供にあった最適な学習プランを立ててくれます。子供の学習の進捗状況を見ながら場合によっては学習プランの見直しを行うこともあるため、子供たちは臨機応変な学習が可能になります。

学習のプランも練ってくれる!

また、家庭教師の選定も学習プランナーが行います。家庭教師は学校の担任と比べて距離が近い分、人として合う合わないが如実に出ます。いくら他の生徒からは評判が良くても、うちの子には会わないなどということはざらにあります。

しかし、家庭教師のトライならばそういった心配はぐっと少なくなります。教育プランナーが子供の性格や目標に合った最適な家庭教師を紹介してくれるため、最初のマッチングの段階で躓く可能性がぐんと減ります。もちろん、教育プランナーも完璧ではないので、必ず子供に会った教師を紹介してもらえるとは限りませんが、教育プランナーがいない他社と比べれば、はるかに良い先生に出会える可能性が高いです。

また、教育プランナーには、勉強とは関係のない私的な相談をすることもできます。学習を進めるにあたって、邪魔になる悩みは、心置きなく教育プランナーに相談するようにしましょう。学校に対する不安、友達との関係……こうした悩み事は、あまりにも身近な存在である親にはかえって相談しづらいものです。

ある程度距離がある教育プランナーだからこそ、話せることもあります。思春期の子供たちは、大人からみれば取るに足らないようなことでも悩んでしまいがちです。そんな悩みを一笑に付すのではなく、親身に考えてくれる教育プランナーは、悩める子供たちにとっては、まさに救世主と言えるかもしれません。


nice!(0)  トラックバック(0) 

家庭教師のトライ「CMの評判」

ドラえもん」を起用したトヨタの車のCM…。
ご覧になりましたか?俳優のジャン・レノがドラえもんを演じて、
とても有名になったCMです。

キャラクターを実写化させ、実際の漫画の世界から、
30年後の世界、と言う設定にして、内容もドラマ仕立ての
ストーリーになっていて面白いですね。最初は
「ドラえもんの実写化なんて嫌だ!」と思っていましたが、
話が面白いので、あのCMは単体で楽しんでいます。

キャスティングも豪華です。
のび太くんが妻夫木聡さん、しずかちゃんが水川あさみさん、
スネ夫がジャニーズの山下智久さん…等々の豪華メンバー。
…その中で特に良い味を出しているのは
ドラえもん役のジャン・レノがだと思います。

CMの中でジャン・レノの後ろ姿が少し写ることがありますが、
青いスーツの隙間から、ちゃんと赤い尻尾が見えています。
(ドラえもんの尻尾は赤くて丸いのです。)
…ちょっと尻尾の位置がおかしい気もしますが・笑。
しかし、そう言った細かい部分もきちんと再現しているので
好感が持てました。

ジャイアンの妹であるジャイ子役に元AKBの前田敦子さんを
使っているもの面白いですね。しかしそのおかげで、ジャイ子が
ヒロイン的な存在になってしまったような気がしますが…。
(原作では全くそんな立ち位置でないキャラです。)

アニメを使ったCMは、やっぱり楽しいですね。
家庭教師のトライのCMも面白いと評判のようです。
「アルプスの少女ハイジ」を使っており、
いろんなパターンのCMが流れていたので、見た人も多いと思います。

あのCMは又、トヨタのドラえもんのCMと違い、
自社キャラもCMに出しています。
今風に“ハイジ達とトライのキャラの「絡み」があるCM“
と言えば分かりやすいでしょうか。

スーツを着たトライキャラとハイジが楽しく野山を転がり
落ちたりしているシーンは思わず笑ってしまいました。

アニメキャラをCMに出すのにも、いろんなやり方
あるんだな、と思いました。

そして、やはりアニメのキャラを使ったCMはインパクトがあるので
覚えますね。特に自分の好きなキャラが起用されていると、
嬉しくなることもあります。
(実はシンプソンズが好きなので、C.C.レモンのCMは
流れるだけで、とても嬉しかったです・笑。
最近、残念ながら見かけないので、又放送して欲しいCMです。)


今、多種多様なCMが流れており、様々な楽しさがあります。
そんな中、アニメのキャラを使ったCMは、特に面白いので、
これからもいろいろ作っていって欲しいです。

nice!(0)  トラックバック(0) 

一般的家庭教師とトライの講師採用基準の比較

家庭教師のトライ」で先生を採用する基準は、他の家庭教師会派遣会社比較したときに、どのような違いがあるのでしょうか。あるいは、家庭教師派遣会社は、どこも似たような採用基準を持っているものなのでしょうか?
 
一般的には、家庭教師派遣会社が家庭教師の先生を採用するときに、まずその先生の基礎的な学力をテストするものです。また、その先生がどこの大学出身者か、あるいはどこの大学に所属しているか、場合によっては学部までも調べることが多いでしょう。「あの有名大学出身の先生です!」という売り込み方が可能となりますし、志望校として挙げる生徒さんの多い大学出身の先生であれば、受験のテクニックのほか、在学中のエピソードなども、生徒さんのために伝えることが可能となります。そうした、人気が出ると予想される先生を多く抱えていたほうが、会社としても嬉しいものだと思われます。
 
しかしながら、「家庭教師のトライ」が先生を採用するときに用いる基準は、学力や学歴だけにはとどまりません。社員の方との面接を行い、先生の人間性や責任感、思考力など、様々な角度から「家庭教師のトライ」の先生として相応しいかどうかを判断されます。確かに、いくら学力が高くても、そしていくら有名な一流大学に通っていても、コミュニケーション力が足りなかったり、すぐに授業を投げ出してしまったりするような態度の方には、先生としての仕事は期待できません。また、先生としての適性をはかるのは、社員の方による面接のほか、適性検査と呼ばれる筆記試験も存在するようです。
 このようにして選ばれた家庭教師の先生の中から、さらに合格実績や指導年数に優れた方たちは、「家庭教師のトライ」が認定する「プロ家庭教師」として、日々活躍されているようです。こうした家庭教師の先生方は、これまで「家庭教師のトライ」が全国で指導してきた、およそ100万人もの生徒さんの指導データをもとに、あらゆる地域や学校に対応する指導データを、トライの「教育情報センター」から提供されることで、常に新しい学習要領に対応することが可能となり、また生徒さんからの要望にも応えることが可能となっているのです。
 
また、「家庭教師のトライ」では、得意科目や出身校などのデータ、あるいは先生の性格などによって、それぞれの先生たちが最も力を発揮できる生徒さんのもとへ派遣されるシステムを採用しています。言いかえれば、生徒さんの個性や性格、志望校合格などの目標に沿って、最も適した先生が、生徒さんのために選ばれるということです。家庭教師の先生にとっては、「家庭教師のトライ」で採用されることがゴールではなく、まさに家庭教師としてのスタートといったことになるでしょう。


nice!(0)  トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。