So-net無料ブログ作成
検索選択

個別教室のトライの料金について

今日は、トライグループの事業の中で「個別教室のトライ」について、スポットをあてたいと思います。

個別教室のトライとはどのような事業であり、どれくらいの料金(金額)で教えてもらえるのでしょうか。

まず個別教室のトライとは、小中高の学生を対象とした1対1で指導をしてくれる塾のようです。

公式サイトを確認すると、完全マンツーマン制と謳っていますね。

個別教室で完全マンツーマン制での授業であれば、塾などの多人数では先生に質問しづらいお子さまでも、解らないところを質問しやすいと思います。

そこで、気になるのが料金(授業料)ですね。

公式サイトを確認すると、「入会金や授業料はお住まいの地域によって異なりますのでお問い合わせください」との事が書かれており、具体的な金額は載っていません。

根気よく探しますと、塾ナビのHPに料金が載っていました。

上記はキャンペーンでの料金かもしれませんので、参考になるかわかりませんが。

料金については、とても大切なことなので問い合わせることが賢明ではないかと思います。

資料請求はHPから無料で簡単にできますので、まだ迷っているため電話ではちょっと・・・という方でも、気軽に資料請求できると思います。
nice!(1)  トラックバック(0) 

家庭教師のトライ 料金とは

最近は、インターネット上に存在する多くの口コミサイトなどで、様々なサービスに関する実情を事前にチェックする方も多いと思います。もちろん、自分で体験したことを口コミサイトに投稿しているという方も少なくはないでしょう。そんな中で、家庭教師のサービスに関する口コミサイトの投稿などを見ていると、「家庭教師のトライ」について、「他の家庭教師派遣会社と比較して、料金が高い!」という口コミが多く見られることに気付きます。

 さて、果たして「家庭教師のトライ」は本当に料金が高いのでしょうか? そしてそれは、サービスに見合わない不当な高さなのでしょうか。

以下のサイトなどを参考にしながら調査してみました。
家庭教師のトライ料金情報


残念ながら、「家庭教師のトライ」の公式ホームページを訪れてみても、詳しい料金についての記載はありません。しかしながら、その要因は「家庭教師のトライ」の料金システムにあります。テレビCMなどでおなじみの「家庭教師のトライ」は、家庭教師派遣会社の中でも特に大手の会社であり、その家庭教師派遣可能地域はなんと全国各地どこでもOKなのです。そのため、地域によって料金の設定が異なっており、ホームページなどに分かりやすく料金設定を掲載することが難しいのです。

 家庭教師派遣会社の中でも、「家庭教師のトライ」ほど広い範囲に家庭教師を派遣可能な会社はほとんどないでしょう。これが「家庭教師のトライ」の大きな強みでもあります。「家庭教師のトライ」が全国各地でこれまで指導してきた生徒さんの人数は100万人を超えますが、そうしたこれまでの指導データや全国の学校の受験情報などは、全て「家庭教師のトライ」が独自に有する「教育情報センター」に集められ、情報を必要とする生徒さんが新たに表れたときでも、すぐに対応することが可能なのです。また、親御さんの都合などで突然引越しを余儀なくされた生徒さんに対しても、先生こそ変わってしまいますが、引越し先の地域で新たに「家庭教師のトライ」から先生を派遣してもらい、これまでの学習の引き継ぎや、引越し先の地域の学校の学習内容に対応した指導を行ってもらえるのも、「家庭教師のトライ」の強みではないでしょうか。
 
こうした質の高いサービスを裏付けるものが料金の高さであるならば、納得できる方も多いかもしれません。また、「家庭教師のトライ」では、大学生のアルバイト家庭教師のほかに、「プロ」の家庭教師の先生も採用しています。「プロ」の先生に授業をお願いする場合は、もちろん大学生のアルバイト家庭教師にお願いする場合よりも料金が高くなりますが、数々の難関校や難関学部への合格実績を有している「プロ」の先生ならば、必ず結果を残してくれるに違いありません。

さて、皆さんのお住まいの地域では一体授業料がいくらになるのか、一度「家庭教師のトライ」に資料請求をしてみてはいかがでしょうか。


nice!(1)  トラックバック(0) 

体験レッスンのある家庭教師のトライの評判

家庭教師を選ぶポイントは?」

―家庭教師をしていた兄に聞いてみました。

それはズバリ、「合う先生を見つけること」
だそうです。

直接、授業を受けてみて、合わないと思ったら遠慮せず、
「先生を変えて下さい」と申請して欲しい、と。言っておりました。

子供にとって「成績を伸ばしてくれる良い先生」とは
その先生の頭が良い、とか、話が面白い、といった事ではなく、
ましてや先生の学歴でもなく、
「先生の説明レベルが、生徒に合っているかどうか」
が大事なのだそうです。

「先生の説明レベル」とは、
先生が「自然に説明するレベル、分かりやすさのレベル」だそうです。

例えば、授業の中で、「地球の自転」について説明するとき、
説明や解説の分かりやすさ・詳しさを「100」とすると、
70くらい説明する先生、
あるいは50くらいのしか説明しない先生…など、
先生によって「説明の分かりやすさ・詳しさ」が違うのです。

すぐ理解できる子は、分かりやすさが50くらいの、
説明レベルが低い先生でも、内容が分かるのです。

ここで誤解しないで頂きたいのは、
説明レベルが低い先生=駄目な先生ではない、ということです。

実際、簡単に説明するだけの先生はおられます。
塾の東大対策用特別学級などは、
生徒が授業内容を理解出来るのが当たり前、として
授業を進めるので、ほとんど説明しなかったりするようです。

この場合、先生の説明レベルは低いのですが、こういった
ハイレベルな授業は、凄い先生が揃っています。
すなわち説明レベルは低くても、良い先生ばかりなのです。

と言う訳で、
「理解力があり、70くらいの説明で全部理解出来る子」が、
地球の自転について100全部、
時間をかけて説明されても、飽きてしまいます。

逆に「70くらいの説明では全く分からず、
100説明があるなら100全部、
説明してもらわないと理解できない子」もいます。

それぞれの子供にあった、解説が必要です。すなわち
その子にふさわしい「説明レベル」の先生が必要です。

ふさわしい先生と巡り会うために、積極的に授業を受けてみましょう。
やはり直接先生に習ってみないと、合うかどうかは分かりません。
「この先生の説明なら、何とか分かるなぁ」
と言う実感は、習ってみないと湧かないと思います。

今、家庭教師のトライなど、大抵の塾や家庭教師では、体験レッスンがありますから、
上手く利用して、説明がわかりやすい先生を見つけて下さい。

100%、気に入る先生は、中々いないでしょう。ある程度の妥協も必要ですが、
「この先生の説明、分かりやすい!」と思える先生に
出会えるまでは、先生を変えてもらうのも大事なのです。

nice!(0)  トラックバック(0) 

家庭教師トライの講師の質と料金の妥当性

家庭教師のトライ」は、テレビCMなどで、その名前を目にしたことのある方も多い家庭教師派遣会社ではないかと思います。子供さんに家庭教師をつけようと考える親御さんも、一度は「家庭教師のトライ」にお願いすることを考えたことがあるかもしれません。

 「家庭教師のトライ」では、「トライ式学習法」と呼ばれる独自の学習法を、所属している全ての家庭教師の先生に徹底しているらしいことが、「家庭教師のトライ」の公式ホームページなどからもうかがえます。全国47都道府県に先生を派遣可能な大手会社でありながら、家庭教師の先生の質を、一定以上に保つ企業努力が行われているということでしょう。それを可能にしているのが、「家庭教師のトライ」が独自に有する「教育情報センター」というシステムです。この「教育情報センター」には、これまで全国で100万人以上の生徒さんを指導してきた「家庭教師のトライ」ならではの、全国各地の受験情報、内部進学情報、その他進学校の授業についての情報など、様々な学習情報が集まっているのです。こうした学習情報をもとに、「教育プランナー」と呼ばれる専門の担当の方が、生徒さん一人一人に対応した学習計画を立て、家庭教師の先生と連携することによって、「家庭教師のトライ」では、質の高い授業を生徒さんに提供することが可能となっているのです。

「家庭教師のトライ」から先生を派遣してもらいたい、と考える親御さんの中には、インターネットを使い、家庭教師の口コミサイトなどから、実際に「家庭教師のトライ」の授業を体験した、あるいは体験している方の口コミを探す方も多いと思われます。そうした口コミの中で、特に多く目につくのが、「家庭教師のトライは、他の家庭教師派遣会社と比較して、料金が高い!」といった口コミです。しかしながら、多くの口コミはその後にこのような内容が続いています、「料金は高いけれども、クラス内での成績も上がり、納得のいく結果が出た!」と。

 確かに、月に必要な料金が高いということは、時には家計を圧迫するものです。また、こんなに料金を支払い続けて、結果が出なかったらどうしよう、と不安になることも多いかもしれません。しかしながら、「家庭教師のトライ」は、生徒さんと先生の相性を大切にしながら、生徒さんの学習環境を整えるノウハウを所有しているようです。また、万が一、「この先生は合わないな」と感じた場合は、無料で新しい先生をお願いすることも可能なようです。

こうして相性の合う先生を探し、生徒さんのために作られた学習計画に沿って勉強をするシステムが整っているため、「家庭教師のトライ」の多くの生徒さんは、望んだ結果を残すことができているのでしょう。そのシステムの維持のために、他の会社よりも高い料金が必要なのかもしれません。実際のところ、社内でどのような経緯を経て料金が設定されているのかは分かりませんが、「家庭教師のトライ」が残してきた実績を考えると、決して料金が高すぎるということはない、と私は考えます。


nice!(0)  トラックバック(0) 

トライは信頼できる?

CMなどでも見かけることの多い家庭教師のトライですが、果たしてその信頼度はどれくらいなのでしょうか?

企業が利益を求めるのは当然だ

家庭教師のトライにかぎった話ではありませんが、世の中に存在する全ての会社は自社の利益をより伸張させる為に日夜活動しています。中にはトップが訳知り顔で社会貢献がどうだの、環境への貢献がどうだのと語っている企業もありますがあれはすべて外部向けのパフォーマンス。企業と言うのは大企業から中小企業、個人商店まで、全て自己の利益の確保のために活動しています。

それは決して恥ずべきことではありませんし、間違ったことでもありません。企業が経済を一生懸命まわして稼いでくれなくては、その企業に所属する従業員にもお金が回りませんし、従業員にお金が回らなければ世の中全体がどんどん貧乏になって行きます。自己の利益を追求することは、間違いではありません。

また、利益を追い求める企業は信頼できないと見る方もいるでしょうが、私は利益を追い求めないという企業のほうが信頼できません。利益を求めない企業は金が回らないのですぐに潰れます。より大きな利益を手に入れるために、上質なサービスを提供しようとしている会社のほうが、よっぽど信頼できると思います。

広告費用を伸ばすのは本当に悪か?

さて、家庭教師のトライは、割と積極的にCMを売っています。家庭教師のファーストなどが広告宣伝費を積極的に削っているのとは、かなり対照的に見えます。みなさんは積極的に広告を打つ会社と、広告費を極力抑えるようにしている会社、どちらのほうがより信頼できると思いますか。このあたりは意見が分かれるところだと思いますが、私は前者のほうが信頼できると思います。

広告費を無駄なものだと一刀両断してしまうのは簡単ですが、広告を積極的に打つことは立派な商売の戦略の一つです。それを否定してしまっては、テレビからCMが消えてしまい、スポンサーがつかなくなるのでテレビ番組もできなくなってしまいます。広告を打つことは決して悪いことではないですし、認知度を上げようとしている企業の努力を否定するべきではないと私は思います。

というわけで、私はトライと言う会社は、かなり信頼できるのではないかと思います。もちろん、トライが完全に信頼できるとはいいません。中にはよろしくない教師もいるでしょう。ですが、トライと言う会社の方針自体は悪くないと思います。

全ては結果が物語る。
成績がアップし、希望の学校に入学できれば、そこが信頼できる家庭教師派遣会社になる、
それがすべてですが・・・。


nice!(0)  トラックバック(0) 

家庭教師トライとベストとの違い(質と料金面からの比較)

全国展開している家庭教師派遣会社の「トライ」と「ベスト」。
大手の家庭教師会社を探している方の場合、どちらに決めようかと迷う方も多いようなので、両者を料金面や質を基に比較してみたと思います。

まずは料金面ですが、トライとベストは対極に位置する会社でしょう。
トライは口コミなどでも言われているように、他社と比較すると圧倒的に料金は高めです。
ベストはその反対に入会金がいつでも無料であったり、乗り換えキャンペーンを行うなど、安さで勝負している会社。
そのため料金面だけを考えると、確実にベストの方が安く家庭教師をお願いすることができます。

トライでも入会金無料キャンペーンなどを定期的に行っていますが、基本的な入会金は42000円。
しかしなぜかトライは料金が高いにも関わらず、人気の家庭教師会社ランキングでは常にトップに。
その反面ベストの口コミには、「料金が安く全国展開しているために信頼できると思い入会したけれども、失敗した」という声が多いことも事実です。

具体例としては、約束の時間になっても講師が自宅に来ない、本部に問い合わせをしても解答を放置されるといったことが多いようで、トラブルが多い家庭教師会社なのかもしれません。
このように対応があまり良くなく、授業内容も微妙だと感じた場合は、やはり家庭教師の質は料金と比例するのだと実感するようです。
そのため、少々高くとも質の良い家庭教師を希望する方は、トライへの入会を決めるのかもしれません。

トライは入会金が突出して高いと言われていますが、入会金が高くともそれに見合ったサポートが受けられるようです。
入会時にお子さんの勉強の得手不得手や性格傾向を分析し、それによってカリキュラムを組んだり派遣する講師を決めたりと、最初の時点からかなり細かいケアを行ってくれるとのこと。
また半年に一度、必ず親子面談の場を本部で設けるようで、そこでまたカリキュラムの見直しや不安や疑問にも応えてくれるようです。

このように、非常に細かく手厚いサポートが受けられる分、入会金や授業料が若干高めに設定されているようですが、これだけしっかりとサポートが受けられるのであれば、入会金を安いと感じるのかもしれません。

確かに安い料金は魅力的ではありますが、何の身にもならない授業内容であれば、単にお金を捨てているに過ぎないのではないでしょうか。
本気でお子さんの学力を伸ばしたいと考えているのであれば、料金と質が比例する家庭教師会社を選んだほうが良いのかもしれませんね。

nice!(0)  トラックバック(0) 

個人家庭教師と家庭教師トライで料金や内容を比較してみると

家庭教師ときくと、トライや合格王などの全国的にも有名な家庭教師派遣会社を真っ先に思い浮かべる方おいらっしゃるかもしれませんが、現在は個人契約で活躍している家庭教師も少なくありません。

個人契約の一番のメリットは、授業料の中間マージンが取られないこと。仲介業者などにお金を払う必要がなくなるので、家庭教師派遣会社に依頼するよりも、大幅に授業料を抑えることができます。金銭的にあまり余裕がないけれど、でも家庭教師は頼みたい、と言う人は、個人契約の家庭教師に重点を置いて探してみると、良い出会いがあるかもしれません。

また、家庭教師として働く側にとっても、個人契約は大きなメリットがあります。個人契約では上記のとおりマージンが発生しないため、教師に入る報酬は業者に所属しているよりもたくさん報酬をもらうことができます。

一方、個人契約の一番のデメリットは、教師の質がばらばらだと言うことでしょう。一般的な家庭教師派遣会社は、研修と言う名目で教師に対して指導を行っているため、そこに所属する教師は、「教師として最低限のスキル」を持っているケースが多いです。

しかし、個人契約の先生はそうした「教師として最低限のスキル」を身につけているとはかぎらないのが怖いところです。もちろん、中には業者に所属している先生以上に優れた個人契約の先生もいるのでしょうが、平均してみれば教師としてのレベルは業者よりも下かな、と言う印象を受けます。

また、家庭教師の派遣会社を通した場合は、相手側から「この教師はいかがですか?」という提案があるので楽ですが、個人契約の場合は自分でよさそうな先生を探さなければならないため、労力が結構かかります。これはたいしたことではないように見えて、実はかなり面倒なことです。

また、教師をやる側から見た個人契約のデメリットとして「問題があったと気に全て自分で解決しなければならない」ことがあげられます。例えばトライなどの業者に所属している場合には、教育センターにトラブルを相談することもできますが、個人契約ではそれもままなりません。自分の身の回りで起きたトラブルは、すべて自分で何とかするしかないのです。それだけの胆力が自分にはないと感じているのならば、多少のデメリット煮へ目を瞑って、業者に所属したほうがいいでしょう。

このように、個人契約にも業者にも、それぞれ違ったメリットやデメリットもあります。どちらを選ぶかはあなた次第です。なんにせよ、サービス利用の前には口コミなどをよくチェックして、検討を行うようにしましょう。


nice!(0)  トラックバック(0) 

家庭教師トライと複数の家庭教師の料金を比較する

家庭教師をお願いする際に、講師のレベルも重要ではありますが、親御さんが一番気になる点はやはり料金ではないでしょうか。
各会社毎に料金設定はまちまちですが、料金の大まかな内訳はさほど変わりません。
主に「入会金」「授業料」「講師の交通費」「手数料」が基本的な内訳であり、ここにプラス模試の受験費用やテキスト代などが加算されることとなります。

全国的にも知名度が高く、尚且つ料金が安いことでも有名な「家庭教師のゴーイング」「あすなろ」「家庭教師のベスト」。
5教科の授業を家庭教師にお願いした場合、通常1ヶ月あたりの料金は4万円前後ですが、これらの家庭教師会社は2万円台で収まってしまうところがほとんどです。
その反対に料金が高いことで有名な「家庭教師のトライ」は平均価格帯よりも高いと言われています。
しかしながら実は料金内訳とサービス内容をしっかりと比較してみると、安いと言われているところが高く、高いと言われているところほど安い可能性もあるのです。

まず、多くの方が目にする料金体制。
講師は基本的に時給勤務であり、しかも派遣される自宅までの交通費もまちまちなため、明確な料金は出せないのです。
そこで多くの家庭教師会社では平均的な料金価格を提示しているのですが、実はそれは授業料のみという場合がほとんど。
最初に家庭教師の料金には内訳があると書きましたが、契約にあたっては授業料以外にも、入会金や月々の手数料もかかってきます。

しかしこれらが明確にされるのは、見積もりを貰ってから。
なかには専用のテキストでなければ授業を行ってくれない家庭教師会社もありますので、テキストを購入するとなると、実はトライなどの口コミで高いと言われている家庭教師会社の料金よりも高くなってしまう可能性もあるのです。

また、入会金に関してはどの会社も入会金無料キャンペーンなどを定期的に行っていますので、この時期が狙い目ですが、常に入会金を無料にしている会社は怪しいと思った方が良いかもしれません。
入会金無料を餌に、無理な契約や高額なテキスト代を支払ったという話も良くありますので、この点は注意した方が良いでしょう。

そして授業料が安い家庭教師の場合、必然的に講師の時給も安いことを知っておく必要があります。
スキルの高い講師ほど、当たり前ですが良い時給の家庭教師会社へと流れていきます。
そのため、授業料が安い家庭教師の場合、あまり講師のスキルは高くない傾向にあると思った方が良いでしょう。

授業1コマあたりの平均的な料金は、小学生が2000円台後半、中学生が3000円台前半、高校生が3000円台後半が相場と言われています。
地域によって多少価格帯は変わってきますが、この相場よりもはるかに安い授業料を提示してきた家庭教師の場合、講師スキルに問題があるか、月々の手数料が高いなどのカラクリが潜んでいる可能性もあるため、注意が必要です。

nice!(0)  トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。