So-net無料ブログ作成

家庭教師のトライの学習法(トライの学習法)

家庭教師のトライをご存じですか?

あの有名な「アルプスの少女ハイジ」をCMに起用して以来、
日本で知らない人は少ないのでは?
と言うほど有名になったと思います。

(CMをご存じない方の為に、少々ご説明しますと、
スタジオジブリの宮崎駿元監督が作った
「アルプスの少女ハイジ」の世界に、
「トライさん」と言うトライの教育プランナーが出てきます。

勉強のことで悩むハイジ達に「トライさん」がアドバイス!?…、
と言う内容ですが、「アルプスの少女ハイジ」の世界に、
スーツを着た“いかにも日本人”な「トライさん」が
立っているのが、とても可笑しく、大変面白いCMです。)

その家庭教師のトライですが、
ちょっとホームページを見てみたところ、
宣伝だけの家庭教師センターではない、と言うのが分かりました。

土日も相談出来る無料相談ダイヤルなど、さすが大手、と思うほどの
充実したサービス。その中で、一番感銘を受けたのが
「トライ式学習法」です。

「トライ式学習法」とは
まず、『教えた内容を生徒に説明してもらう』こと、
と書いてあります。
なるほど、と思いました。
分かっていることでも説明することは難しいです。

例えば、「食物連鎖」について。
もちろん私たちは「食物連鎖」と言うものを知っています。
しかし、人に説明できるでしょうか?
物事を説明するためには、
しっかり内容把握をしておかないと出来ません。
深い理解が必要です。

生徒が「食物連鎖」について学び、更にその説明ができる、
と言うことは、生徒が「食物連鎖」について、
具体的に理解が出来た、と言うことです。
これは素晴らしいですね。

次に『性格に合わせた学習』を掲げています。
確かに、「多少厳しくしないと頑張れない子」と
「少しでも厳しいことを言うと、
泣いてしまって勉強にならない子」では
『最適な教え方』は全く違うと思います。

「『性格のタイプ』と言っても、自分の子供を
性格のタイプに当てはめたことが無いから分からない」
と言う人のために、トライは
「性格タイプの診断」と言うものを実施しています。
最初にこの診断で、性格のタイプが分かりますので
子供の性格に合った先生が派遣されるシステムです。

この性格診断、無料で誰でも利用できます。
家庭教師のトライのホームページに掲載されていますので、
やってみると面白いと思います。

現代社会は急激に多様化し、子供の個性も様々になってきました。
今の日本では、もう、子供一人一人に合わせた教育が必要なのでは、と
思うほどです。そんな中、トライのような
子供に合わせて勉強してくれる学習機関に
手助けしてもらうのも、賢い選択だと思います。

トライを有名にした二谷友里恵さんについて
nice!(2)  トラックバック(0) 

トライの教育理念を読んでみた(トライの教育理念)

トライの教育理念を読みました。
「1対1の個別教育にこだわり、
お子様やご家族との深いコミュニケーションョンにこだわり、
確かな結果を残すことにこだわり続けます。」
とありました。

家庭教師ならではの「1対1」の授業、
そこにはコミュニケーションが不可欠です。
だからこそコミュニケーションにこだわるのでしょう。

そして
「脳科学・教育心理学などの理論を応用し
生徒一人ひとりにあわせた学習プランによって、
3~6ヶ月で学力が向上するように指導します。」

「生徒の気持ちを理解できる教師が、
学習効果の源泉である「やる気」を引き出します。」

「『精神的な安心感』、『適度な競争心と成功体験』を育み、
『人格の成長』を促します。」
など、細かな理念も掲げています。

しかし、トライは、
このような理念を掲げるだけでなく、
「トライ式学習法」と言う、
トライ独自の、具体的な勉強法を確立しており、
自社の生徒に役立てているのです。
そこは口だけでないな、と思いました。

他にも、子供に合わせた環境整備を推奨し、
生徒やその親と共に実行しています。
やはり沢山の子供達を教えてきて、
ノウハウが確立された大手会社は違うな、と思いました。


ハイレベルな大学に合格して欲しい、
と思っているならば、やはり、それ相当の教育を
受けさせる必要があります。

「まずは高校受験のために、中学生になって
初めて本格的に受験勉強する」と言う
子供もいるでしょう。

そういった時に、塾にするか、家庭教師にするか、
親子で悩むと思います。

どちらもメリットがあると思いますが、
どちらかを選ぶ際、「その教育関係の会社は、
具体的な教育方針があるかどうか」を
見極めることが肝心だと思います。

例えば家庭教師のトライなら、
生徒が高校生、と言う場合、
志望校や現状学力に合わせた
大学受験対策はもちろんのこと、
赤点対策などを含めた定期テスト対策の為に、
勉強のやり方から計画の立て方まで指導しています。

苦手克服、内申点対策のため、
わからない原因を見つけ出し、わかるまで学習する、
と言う学習方法も掲げています。

こういった教育方針が、子供に合っているかどうか、が
大事なのです。ですから、塾などを選ぶ時は
予め、具体的な教育方針を聞いておくと良いでしょう。

学校の授業では分からない問題を
そのままにしてきたせいで、勉強が全く分からない…
と言う子供は、家庭教師に、一つ一つ丁寧に教えてもらい、
些細な問題もすべて解決していった方が
結果的には近道だったりもします。

塾などを決める時は、子供の性格などを考慮し、
合う合わないを見極め、
「納得の出来る教育理念、方針を貫いている」
ところを選ぶと良いでしょう。


nice!(3)  トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。